おいしいコーヒーを手軽にお家でできる淹れ方を3つ紹介します。

未分類

家でおいしいコーヒーを手軽に飲んでみたいけれどももどんな淹れ方がいいのかよく分からない、そんな方もいらっしゃると思います。まずコーヒーの淹れ方には様々な方法がありそれぞれ味の特徴が違うのでどれが一番正解という基準はありません。人によって好みが違うので自分が気に入った淹れ方を見つけるのがベストです。今回の記事では家で手軽にできるコーヒーの淹れ方としてドリップコーヒー、フレンチプレス、水出しコーヒーの3つを紹介していきます。

手軽にお家でできるコーヒーとは?

手軽にできる淹れ方として

  • ドリップコーヒー
  • フレンチプレス
  • 水出しコーヒー 

の3つがあります。

ドリップコーヒーの淹れ方

コーヒーの淹れ方の中でもわりとポピュラーな抽出方法に入るものです。ドリッパーと呼ばれる道具に紙(ペーパーフィルター)のフィルターをセットし、そこに粉末状のコーヒー豆を入れたらお湯を注いでドリッパーの底ある穴からコーヒーを抽出します。あらかじめドリッパーの下にセットしてあったサーバー(保存容器)へ抽出されたコーヒーが溜まって出来上がりです。初心者でもそれなりの味は出せますが、腕を磨いていけば自分の好みの味を出したりすることができます。

フレンチプレスの淹れ方

この淹れ方の特徴は簡単に安定して毎回同じ味を抽出できることです。専用のポットに挽いたコーヒー豆とお湯を入れ4分ほど待ったあとにプランジャー(フィルターが付いてる)と呼ばれる器具を上からプレスしたら、コーヒーが抽出されて出来上がりです。作る手順が少ないコーヒーですが分量と時間を守れば毎回同じ味が手軽に楽しめます。

水出しコーヒーの淹れ方

その名の通り水で抽出するコーヒーです(笑)。ストレーナー(フィルター)に挽いたコーヒー豆を入れたらポットにセットして水をゆっくり注いでいきます。その後蓋を閉めて8時間ほど冷蔵庫に置き出来上がりです。少し時間はかかりますが3日くらいは保存しておくことができるので作り置きしたい時にはピッタリなコーヒーです。

それぞれ味の特徴

3つの淹れ方を紹介しましたが同じコーヒーでもそれぞれ味は違うのでどれが飲みたいかは好みによって分かれてきます。

一般的な特徴として

ドリップコーヒー…ペーパーフィルターを使って抽出したドリップコーヒーは基本的にスッキリとした味ができるのが特徴的です。お湯を注ぐ時の速さや温度加減などちょっとした所の違いで、コーヒーの味をさらに変化させることができます。朝はあっさりめの味で昼は濃いめの味と分けてみたい時など味を変化させることに興味がある方にはおススメです。

フレンチプレス…こちらはコーヒー豆をお湯に浸して味を抽出する方法を使っているので深いコクの味を楽しめます。コーヒー豆本来の味がそのまま出てくるので鮮度のいいコーヒー豆を使いましょう。

水出しコーヒー…水を使ってゆっくりと時間をかけコーヒー豆から味を抽出します。さっぱりとした味になるのでアイスコーヒーのようにゴクゴク飲みたい方にはおススメです。

市販のコーヒーでも手軽にコーヒーを飲めますが、自分で作るコーヒーというのもまた格別な味です。フレンチプレスや水出しコーヒーは手順を守れば安定した味をいつもでも出すことでができますし、ドリップコーヒーは作る回数を重ねればどんどん味を美味しくしていくことができます。どれも味の特徴は違うので、まずは自分の好みを見つけて選んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました